代表挨拶 澤木恒則